【コーヒー豆】保存方法は?びん、真空容器どれがいい?

コーヒー豆の保存 コーヒー豆情報
世界各地にあるコーヒー、特によいものは味も香りもよいと聞きます。しかし、保存方法を間違えるとすぐに香りや味が落ちてしまいますので、そうならないためにもちゃんとした保存方法をしなければなりません。


スポンサーリンク

コーヒー豆の保存方法について

コーヒー豆の保存方法 まず大事なことはコーヒーは生鮮食品と同じぐらい鮮度や保存に注意しないといけないということです。そしておいしく飲むことができる期間も豆の状態で2か月程度、粉の状態では3週間と短いものできちんと保存してもずっと保つことが難しく徐々に落ちていくので早めに飲まないといけません。

保存する容器のオススメは?

保存に適した容器 では保存する容器は何がいいかというと一見、真空容器がいいのではないかと思いますが、実はコーヒーは真空状態を保つことができないのです。コーヒー豆自体から香りが出ているためその香りのガスが徐々に放出していくため真空にしてもそれを保つことができません。それは粉でも同じなのです。袋に入れるとよくわかり、真空にしても徐々にコーヒーの香りのガスが放出され、袋が膨らんでいきパンパンになります。そのため真空容器にいれても真空を保つことができないため瓶にいれても変わらないという結果になります。

特にコーヒーは湿気やにおいなどを吸収しやすいのでそれを防ぐためやコーヒーは他のものと比べ酸化するスピードがはやいため酸化を防ぐために密閉保存瓶やコーヒー専用容器がオススメです。また長期保存したい場合は真空パックにいれ冷凍室に保存することによってある程度の鮮度を保ちつつ保存ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 
by
2119 PV