コーヒー豆の保存は常温と冷凍のどっちがいい?真空がオススメ?

豆の保存容器 コーヒー豆
保存方法について深く考えたことってあまりないのでは?ここでは、コーヒー豆の保存についてお話ししていきます。実は保存方法で味の善し悪しってかなりかわってくるんです!なのでちょっと一手間加えただけで美味しさを保つこともできるのでやってみましょう!


スポンサーリンク

コーヒー豆の保存は常温と冷凍のどっちがいい?

コーヒー豆の保存 コーヒー豆を保存するとき、袋の口を折り曲げてクリップや輪ゴムでとめるだけという方は少なくないのでは?しかし、この方法はコーヒー豆の劣化が早くなってしまうのでオススメできません。コーヒー豆は保存食品ではなく、生鮮食品なので常温で保存するよりも冷蔵や冷凍保存する方が味も鮮度も良い状態を長持ちさせることができます。コーヒー豆の場合は1週間くらいで飲み切れる量ならば直射日光の当たらない場所で常温保存、それ以上ならば冷凍保存が良いそうですよ♪

ちなみにコーヒーの粉の場合も冷凍保存がオススメです。いずれの場合も密閉容器に入れて保存してくださいね。袋の口をクルクルと巻いてクリップでとめ、チャック式の袋に入れて保存するのもOKです。保存期間は3ヶ月程度を目安にすると良いでしょう。

豆は真空で保存するのがオススメ?

豆の保存方法 もしかしたら、コーヒー豆は真空で保存するのが良いという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、コーヒー豆は鮮度が良ければ良いほど真空で保存することができません。

鮮度の良いコーヒー豆を真空にすると一時的には真空状態になりますが、コーヒー豆のもつ香り成分(ガス)がパックの中でも放たれて次第に真空状態ではなくなります。にも関わらず、真空で保存されているということはコーヒー豆がもつ香り成分(ガス)が少なく、鮮度が良くないということです。ということは、コーヒー豆は真空保存が向かないということになりますね。

コーヒーをよりおいしくいただくためにも、ぜひ保存方法にもこだわってみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 
by
1354 PV