コーヒー豆の挽き方や量は?オススメの専用の機械

コーヒー豆の挽き方
コーヒー豆
「コーヒーは好きだけどコーヒー豆の正しい挽き方や量がわからない」という方はいらっしゃいませんか?もっとコーヒーを楽しむためにも、コーヒー豆の正しい挽き方や量を勉強していきましょう♪オススメのコーヒーミルや選び方も要チェックですよ!!


スポンサーリンク

コーヒー豆の正しい引き方や量は?

コーヒー豆の機械
コーヒー豆を挽くにはコーヒーミルが必要です。音と香り、見た目の雰囲気も楽しめる手動タイプと、忙しい朝にも便利な電動タイプがあり、家庭用のコーヒーミルは手動・電動ともに数千円で購入することができますよ♪手動タイプはそこそこ正確に豆を粉砕することができますが、たくさんの量を挽くには面倒です。

それに対して電動タイプは粒の大きさにばらつきがあるのが難点ですが、スイッチを押すだけで良いという手軽さが魅力です。コーヒー豆を挽くときは、『豆にできるだけ熱を加えない』 『微紛・渋皮を除去する』などのほか、『抽出方法にあった粗さに挽く』『粉の大きさ(粗さ)を均一にする』という点も重要です。

極細挽き・・・エスプレッソ
細挽き・・・サイフォン・エスプレッソ
中挽き・・・ペーパードリップ・コーヒーメーカー
荒挽き・・・コーヒーメーカー・ネルドリップ
極荒挽き・・・ウォータードリップ・パーコレータ
がオススメです。

また、細挽きにすると濃度が濃くなり苦味が強まり、荒挽きにすると濃度が薄くなって苦味が弱まります。浅煎りの場合は標準より1~2割少なく、深煎りの場合は標準より1~2割多くして挽くと良いですよ♪

オススメのコーヒーミルや選び方について

電動のコーヒーミル
コーヒーミルはさまざまなメーカーから発売されています。まず、音や香り・雰囲気を楽しめる手動ミルか、手軽さが魅力の電動ミルのどちらにするかを決めましょう。

⇒手動タイプのオススメ
【Porlex セラミック コーヒーミル】
はコンパクトサイズでありながら他社の低価格帯のコーヒーミルと比べて薫り高い一杯が楽しめるそうですよ♪

⇒電動タイプのオススメ
【Melitta セレクトグラインド】
Amazonベストセラー商品1位を獲得するほどの人気のこれがオススメです。粗さがお好みで調節でき、ホッパーが開いているときには刃が回転しないようになっており、安全性が高いのも魅力です。 

こちらを参考に、よりよいコーヒーライフをお送りくださいね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 
by
1131 PV