丸福珈琲店のモーニングで朝からまったり♪人気のメニューは?

丸福珈琲 カフェ情報
昭和9年創業の老舗である【丸福珈琲店】。店内も高級感にあふれており、ゆったりとした時間が過ごせます。創業当時からの味や器具に至るまでをそのまま守っているそうですよ!

そんな丸福珈琲店は、珈琲だけでもかなりのファンがいるのですが、更にモーニングやランチも人気となっています。その情報を紹介したいと思います。


スポンサーリンク


「丸福珈琲店」のこだわりを紹介

丸福珈琲店の珈琲は、根強いファンがたくさんいます。それもそのハズ、こだわりが凄いです!珈琲を追求して追求した創業者の信念をずっと大切に守り続けています!そのこだわりを紹介します。
コーヒーのこだわり 独自の焙煎技術
『豆と共に歩み、豆に学ぶ』『豆は生きている。豆の声を聞きながら…』という創業者の信条を大切に焙煎機に張り付いて職人が焙煎しているそうです。

そのこだわりは、気温・湿度まで気を配り、豆の焙煎される音、香り、色、照りを職人がしっかり見届け、手動で火加減を調整するという、まさに職人技で焙煎される豆を使っています。
丸福珈琲 ドリッパー 独自に開発したドリッパー
初代オーナーが珈琲の抽出器具の原理を自ら洋書を元に作り上げたドリッパーを使用しています。ですから、珈琲を抽出する人も、かなり厳選されており、技術を認めれた職人さんしか珈琲を抽出することが出来ません。

店内でカチカチとスプーンでドリッパーを叩く音がするのは、珈琲の蒸らし具合やお湯の落し具合を調整する為なんだそうです。こちらも、まさに職人技ですね!
丸福珈琲のカップ カップ&ソーサー
丸福の珈琲は大変高価なカップ&ソーサーを使用しています。大倉陶園製のもので、皇室の方々が使用されている食器です。

特別な珈琲を特別な食器でいただく。まさにお客さん一人一人に特別な至福の時間を提供したいという気持ちが伝わってきます。
丸福珈琲 角砂糖 角砂糖にこだわる理由
昭和9年の創業当時は、立方体の真っ白な角砂糖が一般的でした。珈琲も砂糖を入れて飲むのが基本的な時代でした。子どものおやつなどもない時代に角砂糖は、子ども達の唯一の贅沢なおやつだったそうです。

その頃の子どもが大人になり、当時を懐かしく思い出すそうで、家族の思い出を大切にしたいと考え、角砂糖にこだわっています。
アイスコーヒーの値段 無糖と加糖
丸福のアイス珈琲はあらかじめ加糖されたものになります。もちろん、無糖を選ぶ事も可能ですが、丸福のアイス珈琲は基本的に加糖です。

というのも、丸福の珈琲は『濃い珈琲』がこだわりです。熱々の状態でお砂糖を入れてから冷やすと濃厚な珈琲が保たれる為に、あらかじめ甘いアイス珈琲が飲みたい方には加糖を出しています。無糖のまま冷やしてガムシロップを入れると甘くなるまでガムシロップの量が増えてしまい、その分、薄まるからだそうです。

ブラックで飲む方以外は、加糖のアイス珈琲を注文するのが丸福スタイルです♪
珈琲フレッシュ 珈琲フレッシュ
丸福のアイス珈琲の珈琲フレッシュは、珈琲と白いクリームの2層にキッチリ分かれます!珈琲フレッシュも特注品で、乳脂肪分が高い高濃度な生クリームを創業当時は添えており、現在もそれに近い濃度の珈琲フレッシュを使用しているそうです★高額な為に一般ではなかなか手に入らないそうですよ!
ミックスジュース 値段 ミックスジュース
丸福珈琲店では、創業当時からのレシピで、 色んな果物と蜂蜜を配合し、子どもや女性に大変人気のメニューです。蜂蜜を使っているので、念のため、乳児にはミックスジュースを提供していません。この心配りも有り難いですね♪

モーニングメニューの内容はこちら

では、人気のモーニングのメニューを紹介します。モーニングの時間は、店舗にもよりますが、開店から11時までの店舗が多い様です。

丸福珈琲のモーニングメニュー ◇Aセット
お好きなドリンク+トースト
(ドリンク代のみ)

◇Bセット
ミニサンド+ドリンク
(税込610円)

◇Cセット
ミニホットケーキ+ドリンク
(税込600円)

◇Dセット
ミニトーストサンド+ドリンク
(税込640円)

※セットドリンクは珈琲・カフェオレ・紅茶・ミルクから選べます★

ランチメニューも人気

では、こちらも人気のランチメニューを紹介します。ランチの時間は、こちらも店舗によって異なりますが、大体、11時から14時までとなっています。

丸福珈琲のランチ ◇ハンバーグサンドセット
(税込1,380円)

◇チキンサンドセット
(1,380円)

◇選べるサンド サラダプレート
(税込1,300円)

◇選べるトーストサンド サラダプレート
(税込1,300円)

とにかく、昭和初期にタイムスリップしたかの様なレトロ感漂う素敵なお店です。そして、珈琲は間違いなく『特別な珈琲』です!是非、このお店に足を運んでみて下さい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク