【スタバ】 サニーボトルがこぼれやすい原因は? 正しい使い方とは?

スタバ サニーボトル
スタバ情報
スタバでは、季節によっておいしそうなフラペチーノが発売されてますね。それを心待ちにしている人も多いのではないでしょうか?いつかはおしゃれにタンブラーを持ってみたいと考えている人がいますが、実際に購入するとなるとこぼれないのか、また値段などが気になります。

スターバックスでは見た目もカラフルなおしゃれなタンブラー【サニーボトル】が販売されています。さっそく、使い方などを見ていきましょう♪

画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2143280582241874701


スポンサーリンク

スタバのサニーボトルとは?

スタバ サニーボトル
画像引用元:http://www.happyloverikka.com/article/421220748.html
スタバのサニーボトルは、保冷・保温用の2重構造ではないので、ひと言で説明をするとコールドドリンク専用のボトルになります。したがって冷たい飲み物であれば何でも自由に入れることができます。お茶や水はもちろんのこと、カフェオレを入れたりスムージーを入れることもできます。

構造は上と下が切りはなせるようになっています。ですので、洗いやすく衛生的にも安心です。口が広いので、ドリンクと一緒に氷を入れておくこともできます。

ですが、コールドドリンクを入れると外気との温度差で、結露が出てしまいます。バックにしまっておくとバックの中が濡れてしまうことがあるので、ペットボトルカバーやタオルと巻いておいた方が良いです。

ステンレス製なら保温できる?

ステンレス製のサニーボトル
画像引用元:http://starbuckstumblers.blogspot.jp/2014/07/stainless-steel-sunny-water-bottle-blue.html

結露が気になるサニーボトルですが、ステンレス製の保冷効果のあるタンブラーも発売されています。値段は、通常のサニーボトルは1950円~2500円(税抜価格)ですが、ステンレス製は2900円(税抜価格)と少し高くなります。ただ、長持ちしますし、コールドドリンクを長く冷たく飲めるので、この金額の差は高くないのかもしれません。

サニーボトル以外のデザインのドリンクボトルもステンレス製のものがありますので、好みのデザインが選べてうれしいですね。ステンレス製であれば保冷・保温ができますが、保温の場合はコップなどはついていません。直に飲むことになりますのでやけどに注意です。

タンブラー持参の頼み方は?

スタバの割引サービス
スタバは、タンブラーを持参すると20円引きになります。お得ですよね。しかも、スタバ専用のドリンクボトルではなくても入れてもらえるので、いつも持ち歩いているタンブラーでオーダーができるのでとても便利です。そのタンブラー持参の際の、オーダーの仕方を紹介しますね。

まずは、基本のオーダーの紹介です。スタバって、サイズの表現方法もスタバ流だし、ちょっとドキドキしますよね。どんなサイズがあるのでしょうか?

1. short(ショート)240ml
2. tall(トール)350ml
3. grande(グランデ)470ml
4. venti(ベンティ)590ml

サイズは、この4種類です。ショート、トールは言えそうですが、グランデ、ベンティはちょっと言いなれないので、恥ずかしがり屋の日本人には、ちょっと声が小さくなりそうですね。そんな時は、「S、M、L、LL」といっても大丈夫です。

ただ容量を把握して注文しないとMのつもりで頼んで、グランデサイズが出てきたら多すぎたなんてこともあるので、気を付けましょう。また、お店によってはショートサイズの表記がないところもあるようですが、ショートサイズもできます。

オーダーが終わったら、受け取りランプの下でミルクなど必要なものを自分で用意をして待つだけです。
タンブラー持参のオーダー
画像引用元:http://smartphoneokoku.net/blog/4995
さて、今度はタンブラー持参のオーダーの仕方です。持参のタンブラーは、洗っておく、蓋を外す、スタバのタンブラーの場合は真ん中も外しましょう。そして、レジカウンターに置きます。そうするとスタッフも持参タンブラーのお客様とわかります。そして、オーダーをします。

その際に、スタバ以外のタンブラーだとサイズがわからない時があります。把握しておくことがベストですが、わからないときは、スタッフが確かめてくれる事もあります。

また、ホイップ付きのドリンクをオーダーした時で持ち帰りをしたい時は、その旨を伝えておかないと、蓋が閉まらないということになってしまいます。蓋は自分で閉めるので、事前に伝えておきましょう。

容器持参で割引サービスを受けられる!

スタバの割引
スタバタンブラーやサニーボトルの持参で割引サービスを受けられるっていう噂がありますが、これはホントです。実は、スターバックスでは、スタバタンブラーやサニーボトルを持参すると、20円引きでドリンクを作ってもらうことができるのです!!

しかも、スタバ以外のタンブラーであってもよいので、とてもお得になっています。持参するだけで、割引サービスを受けられるので、利用しない手はないでしょう。

普通のマグカップなどでも同じように20円引きでドリンクを作ってもらえるので、とても有り難いサービスです。中には、研究用のビーカーを持ってきた人がいて、そんなケースであっても、ちゃんと20円引きしてもらったという伝説まであります。

スタバのタンブラーやサニーボトルの持参で割引サービスを受けられるのは事実なのですが、注意すべきことがあります。それは、口が狭い細長いタイプの容器を持参した場合、上にのるホイップクリームが少なくなってしまうことです。そうなるとお得感が減るので、やはりスターバックス定番のタンブラーがおすすめです。

サニーボトルの使い方は?

スタバ サニーボトル
画像引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12146503887
サニーボトルの使い方は、基本的には水筒のかわりになります。軽いので持ち運びにも便利です。サニーボトルは基本的にコールド専用の使い方となっているので、氷を入れたりして夏にはぴったりです。さらに楽しみたい人の使い方としては、ミルククラウンの形をしたかわいいシリコン性のふたに付け替えることができます。

こぼれやすい原因について

スタバ サニーボトル
画像引用元:http://let-me.jp/articles/tiTtQX9s
サニーボトルを使っている際に「こぼれやすい」という声がありますが、その原因はサニーボトルに保冷機能がないためです。中に入っている飲み物が冷やされて、それが結露となって漏れているのをこぼれたと誤解していることが原因です。

また、このほかに真ん中部分のパッキンを無くしたり分解した後にしっかりとしめないことが原因でこぼれることがあります。ドリンクを入れた後はしっかりとしめるようにしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 
by
52540 PV