スタバのコーヒー豆の産地は? 通信販売もあり!?

スタバのコーヒー豆
コーヒー豆
スタバのコーヒー豆の産地は、どこなのでしょう。実は、世界中でバイヤー達が、最高のコーヒーを追い求めて、生産者と直接会って、コーヒー豆を厳選しているのです。赤道を挟んだコーヒーベルトと呼ばれる地域を、専任のバイヤーが一年中旅して、コーヒー豆を探しています。コーヒーの木は、北回帰線と南回帰線に挟まれた地域で育つので、その中から厳選されているのです!


スポンサーリンク

スタバのコーヒー豆の産地

コーヒー豆 値段
スタバのコーヒー豆の産地は、具体的にどこかというと、主に、ラテンアメリカ、アジア太平洋、アフリカになります。コーヒーは、アフリカ、アラビア半島、東南アジア、中南米などで栽培されています。コーヒー豆の種類は、原産地で大きく3種類に分けられますが、それは、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種です。スターバックスのコーヒー豆は、味と香りに優れたアラビカ種の中から厳選された豆のみを使用しています。

スタバのコーヒー豆は、もちろん通信販売もしていて、通信販売を利用すれば、たくさんの商品の中から、自分が探しているスターバックスのコーヒー豆を選ぶことができます。比較検討すれば、楽しみもまた増えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 
by
1688 PV